各務原にんじん

市議会だよりに各務原にんじんが掲載されました

20180215-carrot 市議会だより

11月24日(いいにんじんの日)産学官連携各務原ニンジンのお菓子を販売しました!!

 各務原市、ぎふ農業協同組合、各務原商工会議所、東海学院大学の産学官が4月より力を合わせ開発した、各務原市特産の各務原ニンジンのお菓子を11月24日(いいにんじんの日)に各務原市のピアゴで限定販売しました。
 各務原ニンジンをたっぷり使い開発したお菓子は、薬膳ケーキ、カステラ、クッキー、マフィン(アレルギー対応)を詰め合わせやばら売りで販売しました。
全部入った詰め合わせの箱には紙ヒコーキが作製できるキット付。世界的権威で40冊以上の紙ヒコーキの本を世界中で出版している東海学院大学のアンドリュー・デュアー教授がこの日の限定販売のために特別に設計!
食べた後も楽しめる紙ヒコーキキット付のこのセットは販売開始30分で完売となるほどまさに飛ぶような売れ行きでした。
今後は、各店舗でのお菓子の販売となります。是非各務原ニンジンのお菓子をお召し上がりください!!

IMG_1788s

IMG_1786s


東海学院大学と各務原市、ぎふ農業協同組合、各務原市商工会の産学官連携による各務原ニンジンの活動が新聞に掲載されました。

SKM_C754e0217112810180--
読売新聞

20181122ニンジン関係中日新聞-01
中日新聞

20181121ニンジン関係朝日新聞-01
朝日新聞

SKM_C754e0217101909090-01
岐阜新聞

ニンジン体操中日新聞20181018-01
中日新聞

SKM_C754e0217110910470-01
岐阜新聞

20170828デュアー貴子広報かかみがはら-01
広報かかみがはら


各務原市のサイト上でもご紹介いただいております。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/webmagagine/021613.html

朝日新聞デジタルでもご紹介いただいております。
http://www.asahi.com/articles/ASKC85F66KC8OHGB009.html

11月1日
管理栄養学科の学生が産学官連携により各務原にんじんのお菓子を考案・販売開始しました!

今年4月、各務原市・ぎふ農業協同組合・各務原商工会議所・東海学院大学が、
「各務原にんじん」の更なるブランド化に向けて、産学官連携協定を締結しました。
東海学院大学の管理栄養学科が総力を結集して、21点ものお菓子を考案。
7月に本学で市内菓子事業者を招いた試食会を行い、参加した事業者が学生の考案したお菓子を
ベースにして、プロの技で美味しい商品に仕上げました。
ぜひ、足を運んで旬の各務原にんじんを味わってみませんか。

DSC_4548
浅野健司市長と管理栄養学科の学生


ニンジンになりきって体操披露

各務原市役所を訪問
10月17日
本学と各務原市、JA岐阜、各務原市商工会議所と産学官の連携を締結した管理栄養学科。
各務原ニンジンのメニュー考案に取り組んできた一環で、ニンジンのPRに一役買おうと本学、人間関係学部の菅野道雄教授が子ども向けの遊び歌を作りました。
タイトルは「かかみがはらニンジンのうた」。
17日には各務原市役所を訪問し、学生が歌に合わせた体操を曲とともに浅野健司市長の前で披露しました。

ニンジン体操2s
振り付けを考案した山田美恵子講師と学生で体操を披露

7月24日 管理栄養学科
バリエーション豊富“各務原にんじんお菓子”ずらり並ぶ
「商品化に向けた試食検討会」

P1050027s P1050018s 4月に各務原市とJAぎふ、各務原市商工会議所と産学官の連携協定を締結した本学の管理栄養学科。以後、特産の各務原ニンジンを使ったお菓子の商品開発に向け、1~4年生が授業で取り組んできました。
 この日は各務原市内の和洋菓子店の店主らを招き、商品化に向けた試食検討会が行われました。ずらり並んだお菓子はシフォンケーキやクリームチーズ入りのニンジンスコーン、小麦や牛乳を使用せずアレルギーに配慮したコメッコマフィンなど、彩鮮やかなお菓子が21種類。業者は風味を確認しながら味見を一つ一つ丁寧にしていました。
 試食会後の意見交換では「砂糖の種類を使い分け、アレンジしたい」「お菓子の種類によってニンジンの分量を工夫したい」「薬膳のケーキなど健康ブームには良いアイデア」のほか、少し手を加えるだけで商品化できる」などの講評をいただきました。
今後の商品化については、各務原市と業者との間で検討される予定です。

特産「各務原ニンジン」商品開発へ(管理栄養学科)

4月7日、東海学院大学が各務原市とJAぎふ、各務原市商工会議所と産学官の連携協定を締結。

締結式は各務原市役所で行われ、浅野健司市長、櫻井宏JAぎふ組合長、柳原幸一各務原商工会議所会頭、本学の神谷眞弓子学長が協定書を交わしました。
黒ぼく土壌に恵まれた市内では、2期作栽培され市内の農家が年間2700トンを出荷。3月にJAの選果場が完成し、生産拡大が期待され、地産地消を進めています。

協定では、管理栄養学科の学生がニンジンを利用した土産品などの商品開発、簡単に調理できるレシピを考案し、市内の飲食店でのメニュー化を目指します。

20170407


1:かかみがはらにんじんのうた(ロングヴァージョン) 楽譜


2:かかみがはらにんじんのうた(ショートヴァージョン)


3:ニンジン スキッ!! 楽譜

ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン
  • 公認心理師始動