短期大学部 / 幼児教育学科
子ども医療に強くなる

身につけた知識や技能は、子どもの健康や笑顔を守るために活かされる。

youjikyoiku_manaberu_iryou01だれもが心穏やかにさせられる子どもたちの笑顔。
その笑顔を守るために、子どもたちの健康と安全についての、知識や技能を身につけるための課程が子ども医療コース。子ども特有の健康障害や病気についても学びます。

学びの特長

  1. 子どもの医療と健康についての学びのカリキュラム
    健康、医療、事故、栄養などの科目を学ぶことで、子どもの健康と医療に関する理解を深めていきます。
  2. 現場で役に立つ実践力を学生のうちから身につけます
    子どもの医療現場を知る専門的な教員から、子どもの健康や安全な環境についての知識を学び、実践力を身につけます。
  3. 医療事務の資格も目指せる
    保育士や幼稚園教諭はもちろん、「医療事務」の資格も目指せます。

代表的なカリキュラム

子どもの健康と安全な生活を守り 育てるための知識を身につけるコースです。

子どもの健康障害 講義
子どもの成長過程における健康問題を学ぶ授業です。
また、子どもの日常生活に多く見られる症状や基本的な看護技術についても勉強します。
さらに興味のある健康問題についてグループ活動を行い自分たちで調べて発表することで、健康問題の現状を課題への理解を深めます。
子ども医療学概論 講義
子どもの成長発達と発達段階に応じた適切な援助方法について学びます。医療を受ける子どもたちにとっての家族のサポートの必要性を理解するとともに子どもに関する医療の現状と課題などの学習を通じて、保育や幼児教育の専門家としてできる支援を考えます。
子ども医療(健康) 講義
子どもにとっての『健康』の位置づけや狙いについて考える授業です。
また、気になる子どもへの支援やその家族への支援を具体的な事例から学び、乳幼児期の子どもたちとのより適切な関わり方を探求します。
子ども栄養学 講義
子どもの発育過程と栄養素の意義、適切な食事の関係を学ぶ授業です。
栄養に関する基礎知識や子どもたちの献立の作成と食事計画などの学習を通じて、子どもの食生活の特徴を知り、食生活の見直しについても考えます。

※ここに示した内容は、平成28年度に向けて計画中のものです。このため一部変更されることがあります。

どんなこと、学ぶの?

どんな子どもにも希望を持ってふれあえる人を育てる

学べる子ども医療では、健やかな成長に必要な子どもの医療と健康、具体的には子ども特有の成長障害・発達障害についてや、健やかな発達のための運動や習慣、子どもの病気・けがの治療法などを学びます。健康な子にも、障害のある子にも、病弱な子にも、心に不安のある子にも、やさしく希望を持って接することができる保育者は、どこに行っても必要とされます。大好きな子どもの成長を見守りたいという気持ちで授業に臨んでください。大切なのは心です。

ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン
  • 公認心理師始動
  • ココロコンパス:心理学科特設サイト
  • 高校生の為の各務原にんじん料理教室2018
  • LaLa履修制度
  • 硬式野球部