健康福祉学部  / 管理栄養学科
極める臨床検査

高度専門化している臨床検査学を習得

高度専門化している臨床検査学を習得臨床検査分野は日々進歩しています。高度専門化している多種多様な臨床検査関連科目を、熱意ある教員陣が分かりやすく指導します。

国家試験対策を1年次から実施

早い時期から国家試験に対する意識付けをする事は大変重要です。管理栄養学科では教員が分担して常駐する「国家試験対策室」を開設しており、1年次から国家試験対策の学習や相談ができる環境が整っています。

臨床検査技師国家試験の受験資格を取得できる

所定の科目を履修し、必要な単位数を修得する事により、臨床検査技師国家試験の受験資格が取得できます。国家試験に合格すると、臨床検査技師として様々な分野で活躍できます。

医療従事者を目指す上で必要不可欠な能力の習得

近年は臨床検査技師を含む多職種スタッフが連携して患者のケアを実施する「チーム医療」が重要視されています。学内実習や臨地実習などを通して、「チーム医療」に必要不可欠なコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを養います。

代表的なカリキュラム

生理検査学
心電図・脳波・超音波などの様々な生体情報を直接記録・解析する検査の基本的原理・方法・結果の解釈・病態との関わりについて学ぶ。
臨床化学検査学Ⅰ
血液中に含まれる多種多様な生体成分を定量分析する検査の基本的原理・方法・結果の解釈・病態との関わりについて学ぶ。
一般検査学実習
尿や髄液などの体液を対象とする定性・定量検査、尿沈渣などの細胞学的検査を自らの手で実施して体得する。
病理検査学実習Ⅰ
臓器から病理組織標本を作製して、顕微鏡で観察(鏡検)をするまでの検査の流れを自らの手で実施して体得する。

臨床検査技師を目指すための到達目標

1年次 臨床検査技師として必要な幅広い一般教養および医療の基礎を学ぶ。 幅広い分野で活躍できる臨床検査技師になるために必要な総合的教養を身につけます。また、医療分野における臨床検査の意義・役割などについて理解を深めます。
2年次 多種多様な臨床検査関連科目を学び、臨床検査技師になる意欲と意識を向上させる。 臨床検査技師に必要な様々な臨床検査関連科目について学び、幅広い知識や技術を習得します。さらに、臨床検査技師として社会に貢献する意欲と意識を向上させます。
3年次 臨床検査データを正しく分析するスキルを体得する。 3年次でも多種多様な臨床検査関連科目について学びます。様々な検査データの結果と各種病態との関連を説明できる力を習得します。また、臨地実習を通して、実際の臨床検査技師の仕事を体感し、さらに「チーム医療」の一員として多職種連携の重要性を学びます。
4年次 4年間の集大成として、国家試験に合格し、社会に貢献できる力を身につける。 臨床検査特別セミナー(国家試験対策プログラム)などを通して、これまで学んできた多くの知識を定着させ、4年間の集大成として、臨床検査技師国家試験の合格を勝ち取ります。また、臨床検査技師として社会に貢献できる力を身につけます。
卒業後 病院、検査センター、健診センター、医療行政機関(保健所等)、医療関連企業、教育・研究機関など、活躍の場は多岐にわたります。
極める管理栄養
極める管理栄養

チーム医療従事者の経験豊富な教員陣が、医療に携わる専門職の業務の実際について、最新の情報を用いわりやすく講義します。

極める栄養士
極める栄養士

実践重視のカリキュラムで即戦力となる力を身につけます。