人間関係学部 / 子ども発達学科
極める小学校・特別支援

各都道府県が掲げている「求める教師像」の共通項は、
「子どもへの愛情」「教師としての使命感」「豊かな
人間性」です。これに加えて、未来を担う子どもたちを
育てる教員には、「実践的指導力」が必須です。
4年間の自律的な学びを通して、自己の理想とする
教師像を追求します。

幅広い科目を開講しています。

幅広い科目を開講しています。小学校の先生になりたい人、特別支援学校の先生になりたい人向けの科目を幅広く開講。教育・保育の知識・技術を学ぶとともに子どもの心にしっかりと寄り添える豊かな人間性を育むカリキュラムとなっております。

即戦力を育てる実習を用意しています。

小学校は4週間、特別支援学校は2週間の教育実習を行う他、附属幼稚園での観察参加や「あそびの森」での子育て支援活動など、子ども達と触れ合う機会がたくさん。即戦力を養います。

教員採用試験対策を行っています。

オフィスアワーの時間を利用して小テストを実施しています。その場で先生に質問できるので力がつきやすい。学生のやる気を先生が全力でバックアップします。きめ細やかな指導と面倒見の良さが特徴です。

時代の求める人材を育成します。

本学では特別支援学校教諭の免許を取得することができます。需要が増えているだけでなく、小学校で採用された場合でも必ず必要となる知識や技術を身につけることができます。

代表的なカリキュラム

小学校一種・特別支援学校一種免許状の取得と、教員採用選考試験合格を目標として、教科・領域の内容と指導法を学ぶ。

国語科指導法
小学校における国語科学習指導の目標と内容、指導計画、学習指導法等について、その理論と実際の授業の方法を学習します。教員が実際に行っている国語科の授業の準備を体験し、教育現場で生かせる指導力を身につけます。
理科指導法
小学校の理科学習では、児童が自然の事象に興味をもち、観察、実験を主体的に行い、科学的な見方や考え方を形成していくことが大切です。模擬授業を通して、学習指導案や授業の作り方を学び、実践的な指導力を身につけていきます。
生徒・進路指導論
学校現場での教師の最大の悩みは「生徒指導」です。学力向上も生徒指導なくして成立しません。生徒指導は全ての子どもが楽しく充実した学校生活を送れるようにすることです。そのための理論や具体的な実践を共に学び合います。
知的障害児教育論Ⅰ
知的障害のある子どもの教育は、子どもの主体性を尊重しながら、保護者や地域の資源と連携を蜜にし、一貫した関わりや成人期を見越した支援が要求されます。この授業では、その目的及び教育課程、指導法について学びます。

小学校・特別支援学校教諭を目指すための到達目標

教育者としての基礎・基本を学び、実践的授業の中で指導力を培う。

1年次 教養科目の教育区分から、学びの基礎となる知識を習得し、理解力を育む。教育にかかわる諸問題に関心をもつ。
2年次 教科指導にかかわる基礎的知識・技能を修得する。学校・地域の諸活動に進んで参加し、教育環境の現状について経験を通して学ぶ。
3年次 各教科・領域の基礎的知識・技能を活用して、様々な実践的課題に取り組む力を養う。実習等を通して教職に対する使命感を培う。
4年次 これまでの学習経験や諸活動に参加した体験を総合的・有機的に関連づける力を培う。教職に就く者としての倫理観や社会的責任観を育む。
卒業後 地域に開かれた学校教育を担う一員として、地域の方々との連携を図りつつ、子どもたちの思いに寄り添う豊かな人間性を培い、子どもたちに確かな学力と健やかな育ちを保証できる教育のプロを目指す。
極める小学校・特別支援
極める小学校・特別支援

4年間の自律的な学びを通して、 自己の理想とする教師像を追求する。

極める幼稚園・保育士
極める幼稚園・保育士

4年間の実践的な学びを通して、 自己の理想とする保育者像を追求する。

極める子どもの文化
極める子どもの文化

課題解決に向けてみずみずしい感性でとりくむ子ども学のエキスパートを目指す。

ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン
  • 公認心理師始動
  • ココロコンパス:心理学科特設サイト
  • 高校生の為の各務原にんじん料理教室2018
  • オープンキャンパス
  • LaLa履修制度
  • 2018東海祭