人間関係学部 / 心理学科
学科紹介

心理と医療の幅広い視野を養います。
認定心理士をはじめ、救急救命士や言語聴覚士などの
資格取得も積極的に支援します。

豊かな感性や人間性、創造的能力を持つ教育者の養成

心理学科では、学習や認知などの実験心理学的な分野から、教育心理学、発達心理学、社会心理学、および臨床心理学などに及ぶ幅広い領域に関して、人間行動と人間理解についてバランスよく学べます。また、言語聴覚士と救急救命士の資格が取得できるカリキュラムを編成し、使命感を持った優れた人材を養成しています。

認定心理士や優秀な教育者を養成するために、深く幅広い
学びを支援

認定心理士や優秀な教育者を養成するために、深く幅広い 学びを支援従来の心理学系科目に加え、心の問題の背景にある脳の働きを理解する医科学、認知科学系の科目を充実させ、健康科学の立場から総合的に追究します。身体科学と心理を対応・関連させながら学ぶことができるカリキュラムにより、卒業後の臨床心理士の資格の取得も視野に入れ、心理を幅広くカバーした教育を実践しています。

心理学的コミュニケーションと社会を大切にした救急救命士を
目指して

保健衛生の現状や課題を理解し、人体や病気に関する医学知識を総合的に身につけます。人体の構造を理解する「解剖学」、人体の生命システムや血液・神経・循環器などの生理的機能を学ぶ「生理学」、薬物の体内での動きや薬の働きなどを講義する「薬理学」、病気の原因や経過などを学ぶ「病理学」などの科目があります。

言語聴覚士養成カリキュラムで「心」をしっかり学びます

言語聴覚士養成カリキュラムは、心理科学基盤、文理連携、言語聴覚基盤、言語聴覚障害の4つの科目群からなり、国家試験受験に必要な科目を網羅しているのはもちろん、心に関する基礎領域から応用領域までも広くカバーしています。病院や施設での臨地実習など、4年間という時間をフルに活用して高い臨床能力を養成します。

学びの特長

  1. こころを学び,こころを支える
    人とふれあい,支えるためには「こころ」について深く学ぶ必要があります。心理学科では心理学をベースにこころを学び、さらに実践領域である救急救命・言語聴覚でこころを支える方法について学びます。
  2. 実習が多いから、学んだことが忘れにくい
    実際に経験したことは座学に比べ、身につきやすいことから、実習や体験学習などを多く取り入れたカリキュラムになっています。
  3. 卒業の時点で認定心理士の資格が取得できる
    所定の科目を履修すると、4年間の課程を修了した時点で、日本心理学会から認定心理士の資格が得られます。心の専門家として病院や学校などへの就職の道が開かれます。
  4. 救急救命士・言語聴覚士の資格を目指せます
    卒業時に、救急救命士・言語聴覚士それぞれの国家試験受験資格を取得できる学びを用意しています。
極める心理
極める心理

心理学の幅広い基礎をしっかり学んでから専門領域へと進めます。

極める救急救命
極める救急救命

臨場感溢れる実習において、救急医療の未来を担う人材を養成します。

極める言語聴覚
極める言語聴覚

コミュニケーション能力と協調性、おおきな使命感をもった人を育てます。

ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン