人間関係学部 / 心理学科
極める言語聴覚

「言語聴覚士」とは?

「言語聴覚士」とは?言語聴覚士は事故や病気、発達面での遅れにより、言葉がうまく話せない、耳がうまく聞こえないなど、言語・聴覚に障害が生じた方々にたいして、豊かなコミュニケーションが図れるように支援します。「きく」「話す」「読む」「書く」といったコミュニケーションの実現に必須のはたらきを支援するだけでなく、「食べる」「飲み込む」といった人間らしい豊かな生活を送ることができるよう支援するなど、言語聴覚士への期待は大きいばかりか、命や人と人とのコミュニケーションを支える、大変やりがいのある仕事です

コミュニケーション能力と協調性、おおきな使命感をもった
人を育てる。

言語聴覚士を求める職域は年々拡大し、医療に限らず、保健・福祉、教育などの分野に広がっています。どのような場面でも通用する高いコミュニケーション能力と協調性を備え、障害と向き合う幅広い年齢層の人々に寄り添い、生涯にわたり研鑽を積んでいく使命感をもったプロフェッショナルの育成を目標としています。

言語聴覚士国家試験に合格に直結したカリキュラムを作成

幅広い心理学の知識と、言語聴覚士として必要な医学的教育を基盤に、失語症学をはじめとする様々な言語聴覚障害の専門科目を学び、多岐にわたる卒後の進路選択に備えます。そのために多くの実習を導入し、自然と高度な知識が身につくカリキュラムを作成、また、実際に言語聴覚士が働く施設や機関での見学を行い、言語訓練やケア、患者のニード等を学び臨床実習に向かいます。

言語聴覚士の働く医療機関や福祉施設にて臨床実習を行い、
現場に役立つ実践力を身につけます。

臨床の現場で実際に活躍する言語聴覚士の懇切丁寧な指導のもと、医療機関や各種施設において充実した臨床実習を体験します。医師、看護師、PTやOTなどのリハビリテーション職をはじめとする多職種の連携により実現するチーム医療の実践を肌で感じるとともに臨床家としての長いキャリアの出発点ともなる貴重な機会になるでしょう。

医療機関・福祉施設、学校教育や聴覚支援センターなど
多彩な就職先。

大多数の卒業生が医療機関に就職する一方で、他方では各人の希望に合わせて、老人保健施設や小児療育センターや福祉教育の分野にすすむなど、進路先は多岐に渡り、言語聴覚士の専門性を生かして、補聴器などの医療機器メーカーに就職する例なども見られます。特定の職域に限定されることなく、各人の適性に合わせて多彩な分野に進むことができる医療資格であることが特徴の一つです。

代表的なカリキュラム

言語発達障害学Ⅰ
言語発達障害とは、発達に何らかの問題がある場合に生じることばの遅れの総称である。言語・コミュニケーションの発達が阻害される要因、言語発達の障害の特性、評価及び支援について学びます。
失語症学Ⅰ
脳血管障害や外傷をはじめとする脳の器質的な病変により生じる言語機能の障害について、「適切な言葉が脳内に思い浮かばない」「正しく言葉を並べることができない」「言葉の理解が困難である」といった多彩な言語症状の特徴を類型化するための具体的な方法について学びます。
嚥下障害学Ⅰ
発声発語機能と密接に連関する機能として知られる嚥下機能は「困難なく食べること」を維持する上で欠かすことができない。言語聴覚士は様々な医療職種との共働の中心に位置しながら、多彩な摂食嚥下障害に対応している。脳血管障害のみならず、神経難病や認知症など様々な障害に伴い生じる嚥下障害の評価と訓練の実際を学びます。
聴覚障害学Ⅰ
初学者が聴覚障害の基礎について全体像を把握できるようになることをねらいとします。聴覚障害の概要、聴覚障害児・者についての理解をするために、医学的基礎、検査や評価、聴覚補償、難聴と言語機能の関係、実際の支援の概要などを学びます。
臨床実習
実際の病院や施設などの経験豊富な言語聴覚士がバイザーとなり、臨床の場で実習を行う。国家試験受験資格要件として480時間以上、2施設での臨床実習となる。実習当初は見学が主となり、次第に検査や訓練の補助をさせていただき、最終的にはケースの言語訓練実施計画等を作成、実施し、現場に出て活躍できる力を身につけます。

言語聴覚士を目指すための到達目標

1年次 言語聴覚士として必要な学問的基礎を学ぶ。 コミュニケーション過程とそこで起こる課題、また言語聴覚士の仕事内容や活躍の場などについて学習。医学や心理学、言語聴覚障害学総論などの幅広い学識と豊かな人間性を養います。
2年次 言語聴覚士として必要な専門知識の獲得。 神経系や聴覚系、発声・発語系などの科目や臨床医学に加え、専門科目を学習。多様な言語聴覚障がいを適切に評価・診断・支援するための基礎を身につけます。
3年次 さらなる専門知識の獲得と臨床実験準備を進める。 専門的な講義や演習を履修し、臨床実習に向けての準備を行います。また、症例報告やプレゼンテーションの方法も身につけていきます。
4年次 臨床実習と国家試験の準備を積み重ねる。 臨床実習や嚥下障害学・失語症学・補聴器・人工内耳など、さらに専門的な内容の講義を履修し、言語聴覚士国家試験の合格を目指します。
卒業後 言語治療を行う機関が増えており、人材が不足している言語聴覚士。リハビリテーション科などの病院をはじめ、社会福祉施設、難聴幼児通園施設や言語障がい者更生施設など、多様な職場が考えられます。
極める心理
極める心理

心理学の幅広い基礎をしっかり学んでから専門領域へと進めます。

極める救急救命
極める救急救命

臨場感溢れる実習において、救急医療の未来を担う人材を養成します。

極める言語聴覚
極める言語聴覚

コミュニケーション能力と協調性、おおきな使命感をもった人を育てます。

ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン
  • 公認心理師始動
  • ココロコンパス:心理学科特設サイト
  • 高校生の為の各務原にんじん料理教室2018