人間関係学部  / 心理学科
極める心理

心理学の基礎・研究方法をじっくり学び、
心理職に必要な知識と技術を修復します。

心理学の幅広い基礎をしっかり学んでから専門領域へと進めます

心理学の幅広い基礎をしっかり学んでから専門領域へと進めます極める心理では「臨床」「社会」「発達」「認知」の4領域すべての基礎知識を学んでから、関心のある領域の専門知識を深めます。また心理実験データの統計分析など、心理学の研究法の基礎も講義と実習を通して段階的に学んでいきます。

第一線で活躍する心のプロたちが指導

指導に当たる教員は、現場および研究の第一線で経験を積んでいます。医療・教育・福祉機関等で心理療法を行っているプロなどが「心」についてやさしく丁寧に教えます。

一般企業への就職に役立つビジネススキルも修得

コミュニケーション能力はどんな企業でも求められる能力です。心理学は心のケアだけでなく、プレゼンテーション力や対人関係力、情報処理能力も身につきます。

大学院に進学して夢の臨床心理士・公認心理師へ

東海学院大学の大学院を修了すれば、その年の秋には臨床心理士・公認心理師資格の受験も可能に。実践訓練が行える「大学院附属心理臨床センター」などの充実した設備も整っており、岐阜県内の私立大学で唯一、学部から大学院までの一貫した心理学教育を行っています。

代表的なカリキュラム

学習・言語心理学
学習による行動の変化と言語の習得について学びます。まず行動主義の歴史的な意義を検討して、古典的条件づけ・オペラント条件づけの基本的な現象および理論の理解を目指します。また言語行動について行動主義的に理解し、障害等がある人達の言語習得を促す方法を学びます。
臨床心理学概論
臨床心理学は、心の問題や不適応行動などの援助、回復、予防、その研究を目的とする心理学の一分野です。本講義では、医療機関をはじめ様々な職域で、心理学的援助を行っていく際の基礎となる知識を学びます。その一方で、単なる知識を得るだけでは不十分で、悩める人にどのようにしていくのかという基本的な態度についても紹介していきます。こうした基礎を理解することで、1年次後期以降の発展科目へとつなげていくようにします。
社会・集団・家族心理学A(社会・集団)
社会における人々の行動について学んでいきます。まず、人々が集団となった場合、個々人どのような影響を受けるのかを、そして集団同士による対立や協力に関する諸理論・現象について理解を目指します。また、対人場面での説得方略や、意思決定・リスク判断における我々の独特な思考の癖、実社会に心理学の知見がどのような形で適用されているかについても学びます。
心理学実験
本実習を通じて、心理学実験の基礎を学びます。知覚・認知・社会等の領域を中心として、実験や調査を各学生が自分で実施し、また実験対象者として実験に参加する。実験で得たデータの整理や統計的分析、データに基づく客観的な考察をできるようにし、実験的技法や実証的手法の体系的な知識を身につけます。

認定心理士を目指すための到達目標

1年次 心理学の基本と、その周辺領域について学ぶ 心理学全般の基礎知識や考え方を修得。加えて心理学と密接に関係する周辺分野の知識獲得を目指します。ここで学んだ周辺の知識が、以降の専門的学習の土台となります。
2年次 心理学の基礎に加え、専門的な領域に踏み込む 引き続き心理学領域の概要を学ぶと同時に、より専門的内容に言及。基本的な心理実験法、心理データの分析方法、研究報告書の執筆方法などの手ほどきを受けます。
3年次 卒業研究のテーマ選びにつながる学習を開始 学生各自の興味関心に沿って、どの領域で研究を進めるかを決定。担当教員の指導を受けながら、卒業研究のテーマ選びにつながる学習を始めます。
4年次 4 年間の集大成。卒業研究に取り組む 学んできた心理学やカウンセリング知識などの理解をさらに深めます。また、4年間の集大成である卒業論文への取り組みを本格的にスタートさせます。
卒業後 認定心理士の資格取得後は公務員、一般企業、社会福祉施設など、その道は多種多様。大学院で学び、臨床心理士・公認心理師として活躍する選択肢もあります。
極める心理
極める心理

心理学の基礎・研究方法をじっくり学び、心理職に必要な知識と技術を修復します。

極める救急救命
極める救急救命

国家資格取得と消防職員採用試験合格を目標とし、幅広い科目を学びます。

極める言語聴覚
極める言語聴覚

音声・言語・聴覚・嚥下についての知識と技術を身につけます。