長期履修学生制度

長期履修学生制度とは、研究科での履修において職業を有している等の事情により、
標準修業年限(修士課程2年)では大学院の教育課程の履修が困難な者に限り、
1年を単位として3年以上最長6年に教育課程を履修し修了する制度です。
※入学試験出願時に申請が必要です(入学試験出願書類とともに必要書類を提出)。
※外国人留学生の学生には適用しません。

  1. 申請対象者(申請資格者)
    • 職業を有している者(就労予定の者を含む)。
    • 育児や長期介護等の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者。
    • その他やむを得ない事情を有し、標準修業年限で修了することが困難であると
      本学が認めた者。
  2. 長期履修期間
    長期履修の期間は1年を単位として3年以上最長6年まで認めます。
    (在学年数は、休学期間を除き最長6年間とし、休学期間は2年間まで認めます。)
    注)一度認められた長期履修期間の延長は認めません。
    ※履修期間の短縮は修了前年度3月末までに申請することができます。
  3. 長期履修学生の学生納付金
    • 授業料および実験実習料は、標準修業年限までの各々の合計額を履修年数で除した額となります。また、各々の額に1,000円未満の端数が発生する場合は、1,000円単位で切り上げ、この学費を適用する最初の年次で調整します。
    • 履修期間の短縮が認められた場合の授業料および実験実習料は、標準修業年限までの各々の合計額から既納入額を控除した金額となります。
    • 認められた履修期間を超えて在籍する場合の学費は、標準修業年限における最終年次の学費を適用します。
    • 諸費として、毎年学会費を徴収します。
  4. 申請書類
    • 東海学院大学大学院長期履修学生制度申請書
      (入学試験出願書類の「研究分野希望調査書」または「専攻科目希望調査書」の研究計画に基づき、長期履修計画を申請履修期間により年次毎に時系列で記入してください。)
    • 申請資格を証明する書類
      (就労証明書、母子健康手帳の写し、要介護者との関係を証明する書類等)
      ※詳細は入学試験課までお問い合わせください。
  5. その他の事項
    事前に研究科のカリキュラムもしくは修士課程の修了要件を必ず確認してください。
ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン