お知らせ

管理栄養学科3年生が腎臓病患者の実態を学ぶ

2018年01月15日

1月9日
本学で管理栄養士を目指す3年生が「透析の食事療法の実態~透析患者の立場から」と題した講義を受けました。講師はNPO法人岐阜県腎臓病協議会顧問の大矢正明さん。20年以上、人工透析を受けている大矢さんから、自身の健康状況や日ごろの自己管理などの話を交えながら、コントロールの難しい食事療法も家族や病院のスタッフの支えがあってしっかりとした食事療法ができているという話を伺いました。
また、学生たちに将来なってほしい管理栄養士の理想像、最新の知識の習得、そして「管理栄養士は患者とひとつになって、透析という命をつないでいける仕事ができる」という言葉を大矢さんからいただきました。
学生たちはそのやりがいとともに責任の重さについて再認識するとともに、「透析患者さんの気持ちを初めて聞き、管理栄養士を目指すモチベーションが高まった」という感想を述べていました。
DSC05661

DSC05665

ページの先頭へ戻る
  • 受験生サイトOPEN
  • 入学前教育
  • 子ども発達学科 親子のワークショップ
  • 理科研究発表会
  • 心理相談室
  • 公開講座
  • 東海えほんの森
  • 無料送迎バス
  • 東海学院大学 短期大学部 デジタルパンフレット
  • 東海学院大学 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 各務原ニンジン
  • 公認心理師始動
  • ココロコンパス:心理学科特設サイト
  • 高校生の為の各務原にんじん料理教室2018